このような知り合いの様々な経験を生かして、一度に災害や被害状況を取得できるアプリはないかと主人と探しています。5点ほどアプリをピックアップしたのでご紹介します。

避難

Yahoo!防災速報

「Yahoo!防災速報」はYahoo!JAPANがリリースしている、あらゆる災害情報を通知してくれるiOS、android用防災アプリです。
災害が起こる前に地震、豪雨、津波などの情報をプッシュ通知で知らせてくれます。もちろん通知のONOFFも設定ができるので安心です。自宅や勤務先、帰省先など、国内最大3地点と、位置情報を利用した現在地へ通知されるのでどこにいても受信を受け取ることができます。1度の登録で、避難情報、地震情報、津波予報、豪雨予報、土砂災害、河川洪水、気象警報、熱中症情報、火山情報、国民保護情報、防犯情報、自治体からの緊急情報など、あらゆる情報をキャッチできるので、便利です。
ただ、一部のスマホでは設定変更をしないと速報を受け取れないため、自分が使用しているスマホの仕様を確認した方がよさそうです。

yahoo

・ドコモ災害用キット

NTTドコモの災害用伝言板サービスを簡単に利用でき、回線がつながりにくくてもボイスメッセージを残せます。
災害用音声お届けサービスと災害用伝言板は震度6弱以上の地震など大規模な災害が発生した場合のみ利用が可能で、それ以外の期間は利用できないようです。また、使用するためにはドコモで契約している携帯電話番号が必要です。ドコモ回線を使用している格安SIMでは利用することができません。

ドコモ災害キット.jpg

天気&防災アラート

雨が降る2~6時間前にアラートがあるため、傘の用意がしやすい点が便利です。お天気クイズや桜開花宣言など、楽しいコンテンツもあるためこまめに見て確認できそうです。インストールしておけば、運動会前や旅行前に役立つアプリだと思います。震や台風などの注意報警報をプッシュ通知で知らせてくれるのは便利ですが、地域がひとつしか設定できないのが難点です。

天気防災

goo防災アプリ

安否確認WEBサイト「J-anpi」と連携しており、災害時にJ-anpiへ自身の安否情報の登録や家族等の安否情報の検索を行うことができます。また、事前に登録情報を準備しておけるのも便利です。防災情報のカテゴリーメニューから、「教えて!goo」のコラムや、避難時に発症した場合を想定して「家庭の医学」や「くすり検索」など、様々な災害対策に役立つコンテンツも見ることができます。地震・津波・洪水・噴火などの速報を、迅速に通知し、現在地周辺の避難所を収録したマップ付のアプリなので、アプリから安否確認でき、災害時でも電話やメールに頼らない連絡が可能です。

goo

・ポケットシェルター

緊急地震速報と連動して地震発生時に、最寄りの避難所へ誘導してくれます。あらかじめ地図をダウンロードしておけば、回線が断絶されても見られるのが最大の利点です。独自に調査された耐震構造物も掲載されているため、パニックにならずに避難場所を探すことができます。位置情報についてもSNSに連携して共有することができ、オフライン時でも住所の検索や避難所までのナビをしてくれるのは他の防災アプリにはないので、一番利便性があるように感じています。ポケットシェルター 藤川博久さんが「震災時は避難場所がわからない人も多かったため、この技術を使ったアプリで安全な避難場所まで案内できる」とコメントしている記事を読み、興味を持ちました。

ポケットシェルター